葉酸サプリの摂取のしすぎで小児喘息になる?

妊娠中に必要な栄養素として代表的なのが葉酸です。特に初期に積極的に摂取することで、生まれてくる赤ちゃんを、神経管閉鎖障害などの先天性障害から守る作用があり、厚生労働省では、1日あたり400マイクログラムを摂取するように呼びかけています。葉酸は、主に葉物の野菜に含まれていますが、毎日の食事だけでは必要量に満たないことが多く、サプリメントで補ってあげることが大切です。生まれてくる赤ちゃんのためだけではなく、お腹のなかで赤ちゃんを育てている母親の体のためにも大切な栄養素で、貧血などにとても効果があります。血液をつくるため、また、血管の状態を良くするため、血流改善のために欠かせない栄養素なのです。
これだけ大切な栄養素なのですが、一方で、過剰に摂りすぎてしまうと注意が必要となってきます。妊娠後期に1日あたり1000マイクログラムをサプリメントで飲んでいた母親から生まれた子供は、小児喘息になる確率が高かったというデータがあります。なぜ小児喘息を発症したのかは分かっておらず、原因は未だに不明となっています。
しかし、1日あたり1000マイクログラムというのは、初期に必要な量の二倍以上となっており、さらにサプリメントを使用した場合は喘息のリスクがあがるとの結果となっています。日常の食事から摂った場合は喘息になったというデータはありません。
喘息のリスクを低くするためには、必要量を超えない程度に摂り入れることが大切です。